ページの先頭です。本文を読み飛ばして、このサイトのメニューなどを読む

アルノダン フランスアンティークジュエリー&オブジェ ギャラリー

サイト内の現在位置です:

Home  > ジュエリー&モードの物語 n.1 ~ n.50  > n.2 カスティリオーネ伯爵夫人

n.2 カスティリオーネ伯爵夫人

 1856年から1895年のフランス

伯爵夫人は最新流行のモードをまとい、

写真家ピエルソンの前で、数百回におよぶポーズを取っていました。

その美貌と超一流のモードを携え

パリ社交界に姿を現したのは1855年の初夏、

カスティリオーネ伯爵夫人は、

ナポレオン3世の寵姫として、またたく間に社交界の花となります。

1837年イタリア生まれ、

少女ヴィルジニィはヴェラシス伯爵と結婚し一児をもうけ、

秘密裏にはスパイとも言われ政治を動かし、

ことごとく成功したと伝えられている希有な女性です。



当時、写真という新しい技術に自らの姿を残すことに熱中しました。

数百枚に及ぶ写真は、当時の上流階級のモードの稀少な記録であり、

今なおアーティスト達のインスピレーションの源泉となっています。

想像力豊かで破天荒

当時のタブーを全て破っていったその姿は、

ナポレオン3世皇帝の寵姫という立場と共に、炎のように輝いていました。

伯爵夫人の特異なところ

それは当時、肖像画の代わりであった人物写真へ、

自らがシーンとストーリーを作り上げたことにありました。

今でも驚くようなその画像をご覧下さい。



これは19世紀中期のお話、

上の画像は「 白いドレス 」というタイトルで、

背景、衣装、ポーズ・・・と全て伯爵夫人の演出です。

今でいうスタイリストで演出家、そしてデザイナーでもあったのです。

こちらは「 夜の女王 」、

 豊かなデコルテに身につけている、

皇帝からの贈り物である6連の天然真珠のネックレス

夫人のトレードマークでした。



初めてこのネックレスで夜会に現れた日、

伯爵夫人のいる場所だけが " 星のように輝いていた " と記されています。

以来、死ぬまでこのネックレスを手放す事はありませんでした。

撮影を重ねる毎にますます演出は凝っていきます。

これは「アサッシン」、

フランス語で「殺人者」というタイトルです。

手にはナイフ、流行のオリエンタル風ドレス、

厳かな面持ちで、悲劇女優を演じています。

他にもさまざまな扮装で写真に登場した伯爵夫人、


フランス社交界の寵姫と言われたその姿を → 次のページ でご覧下さい。

Texte par M.

目次               

ページの終端です。ページの先頭に戻る