ページの先頭です。本文を読み飛ばして、このサイトのメニューなどを読む

アルノダン フランスアンティークジュエリー&オブジェ ギャラリー

サイト内の現在位置です:

Home  > ジュエリー&モードの物語 n.1 ~ n.50  > n.6 印象派のデコルテ

n.6 印象派のデコルテ

19世紀中頃からフランスで始まった「 印象派
モネ、ルノワール、ゴッホ、ドガなどが、戸外で光と陰を描いた絵画技法は画期的でした。

当時のフランスは第二帝政時代、

画家達は風景だけでなく、
社交界やサロンの貴婦人達を、印象派らしいタッチで描きました。

絵にはコルセットで締められた胴着に、ボリュームのあるスカートや " バッスル "と呼ばれる後が膨らんだスカートを組み合わせた華やかなモードが如実に描かれています。

今回はそれらの絵から「 印象派のデコルテ  」をご紹介致します。


まずは下のオペラ座の桟敷の貴婦人の絵から、
首もとに注目して下さい。

ポワール型の見事な大きさのバロック天然真珠が首もとに揺れ、
真珠の上にはダイヤモンドの飾り細工があり、黒のリボンで身に着けています。


( マリー・カザット 1878年 " 桟敷にて " ボストン絵画美術館蔵 )

水色のドレスに、デコルテへはこの真珠のみ、

絢爛豪華なオペラ座で、かえって際立つシンプルさは、真珠のジュエリーの素晴らしさをより引き立てています。

洗練されたフランス的な感覚は、現代にも通じる装いですね。


次には、ナチュラリストの女性像です。


( エドワール・マネ 1866年 " 貴婦人と鸚鵡 " ニューヨーク メトロポリタン美術館蔵 )

この儚げな若い婦人は、ゆったりとしたバラ色を着ています。

これは肖像画というよりも、 「 五感 」を表す絵として描かれました。

描かれたアレゴリーは、下にあるオレンジー味覚、首から下げた片眼鏡ー視覚、菫のブーケー嗅覚、画面全体を占めるドレスの質感または触れようとする婦人の手ー触覚、オウムー聴覚です。

ジャポニズムを思わせるモードに、唯一のジュエリーは首もとに、

黒のリボンで黄金のメダイヨンを下げています。

ロケット型のメダイヨンは思い出の品を入れるもので、
いにしえから非常にプラベートなジュエリーとして身につけられ、
まさに「五感」の絵にふさわしいジュエリーですね。

マネは黒のリボンに引き締め役を担わせ、
画面全体に使うには、大変難しいバラ色を見事にまとめ上げています。


続いては、黄色いドレスの貴婦人像です。

( アルフレッド・スティーブン 1867年 " 舞踏会から戻って " パリ オルセー美術館 )

舞踏会から戻って来たばかり、
化粧部屋でのほっとした表情は、印象派らしい内面を描いた絵です。

それまで肖像画と言えば、正装し固まった表情のものでしたから、このような絵は画期的でした。

この貴婦人のネックレスは黒のリボンに7つの真珠を着けたもの、

このようなバロック真珠は当時のジュエリーの様式で、金の装飾がリボンにセットできるように作られているものです。



髪や袖にも黒のリボン飾りを付け、

黄色と黒で統一した装いに、真珠やダイヤモンドの白いジュエリーが映えますね。

大きめのブローチにイヤリング、ブレスレットと揃えた正統派のドレスアップです。


さて、数ある印象派の絵から、リボンを使ったジュエリーの装いをご紹介いたしましたが、
当時の男性はどんな風だったのでしょうか?


(ジェイムズ・ティソット 1868年 " クラブ " パリ オルセー美術館

この絵はパリ、ロワイヤル通りのクラブでくつろぐ紳士達、

いずれ19世紀のダンディも " ジュエリー&モードの物語 " でご紹介して行きたいと思います。

          Texte par M.           

目次               

ページの終端です。ページの先頭に戻る