ページの先頭です。本文を読み飛ばして、このサイトのメニューなどを読む

アルノダン フランスアンティークジュエリー&オブジェ ギャラリー

サイト内の現在位置です:

Home  > ジュエリー&モードの物語 n.1 ~ n.50  > n.7 フルール・ド・リス I

n.7 フルール・ド・リス I

フルール・ド・リス
百合の紋章はフランス王家の紋章として知られていますが、

様々な歴史や不思議な物語を秘めたシンボルの一つです。

ユリは聖母マリアを表し、
中世以降の芸術には、マリア像の周囲にはユリの花がよく見られ、


( フィリッポ・リッピ 受胎告知 1460年頃 ロンドン ナショナルギャラリー蔵 )

古くは古代エジプトやビザンティン美術にもあり、
ここでも「無垢」「純潔」の象徴でした。

フランス王家の紋章は「ユリ」の紋章と言いますが、

一説にはアイリス(イリス)の花とも言われ、フィレンツェの紋章にも使われています。

では、いかにしてアイリスがフランス王家の紋章になり、

「フルール・ド・リス」と呼ばれるようになったのでしょうか?


(  ユーゴ・ヴァン・ゴエ 15世紀末 ウフィツィ美術館 /  フロリン金貨 )

一つの伝説があります。

紀元5世紀、フランスの源泉となったフランク国の王「クロヴィス」の時代の聖者が発端でした。

ある日、聖者の瞑想中に天使が現れ、青く輝く土台にアイリスの花の楯を置いていきました。

聖者はその楯を持って王妃クロティルダの元へ行き、天使からの贈り物である事を告げました。

クロティルダはカトリックで、キリスト教を王に伝えフランスの国教とした王妃です。



王妃は王クロヴィスに楯を授け、

戦いに勝った王は楯が全く傷つかず、3つのアイリスが黄金に輝いているのを見ました。

以来、クロヴィスは軍旗に3つの金のアイリスの花を使い、
12世紀のルイ7世王は公式に十字軍の旗へ採用、

フランスのブルボン王朝に見られるように、
ロイヤルブルーを背景に黄金の3つのアイリスを紋章としました。


また、アイリスはフランス語で「イリス」、ユリは「リス」と言い、
初期のイリスが後世にリスと混同され「 フルール・ド・リス 」と呼ばれたと伝えられています。

どちらの花もヨーロッパでは「 神の花 」として、古代から現在まで神聖のシンボルです。

このように古来から伝説的なシンボルである上に、

シメントリーで中央の高いデザインは、様式美の視点から見ても完成度の高い美しいもので、
近世まで、王侯貴族ゆかりの宝飾メゾンでもジュエリーへ表されています。

→ 次のページ では、そのジュエリーをご紹介していきます。

 Texte par M.

目次               →続 フルール・ド・リスへ

ページの終端です。ページの先頭に戻る