ページの先頭です。本文を読み飛ばして、このサイトのメニューなどを読む

アルノダン フランスアンティークジュエリー&オブジェ ギャラリー

サイト内の現在位置です:

Home  > ジュエリー&モードの物語 n.1 ~ n.50  > n.12 メンズ ジュエリー IV

n.12 メンズ ジュエリー IV

 n.11 メンズ ジュエリー III  から続いて、男性に焦点を当てたヒストリーをご紹介しています。
男のジュエリー 腕時計 リストウオッチ アンティーク

19世紀、

フランスは革命後のナポレオン帝政時代を経て、王制復古、再び共和制と、
政治は波乱に満ちていました。

イギリスではジョージ4世、ウィリアム4世と共に短い王位の時代です。

ジョージ4世は、革命にあったフランス王侯貴族達への援助を惜しまず、

イギリスとフランスとの蜜月が、次世代のナポレオン3世とヴィクトリア女王へと続きました。

( クラブ 1868年 ティソ作 フランス オルセー美術館 )

両国とも、中産階級のブルジョワジーが工業生産や商業で豊かになり、
王侯貴族もそれを後押ししました。

馬車から、機関車や自動車へ、

新しい時代の男性達の装いは、装飾が少なくなり、現代の基礎となりました。

経済的に豊かになったブルジョワジー達も、文化に目覚めます。
いにしえの貴族のスタイルを取り入れ、装いを凝らしました。

貴族の豪奢を尽す外見だけではなく、ノブレス・オブリージュも含む精神性を重要視しました。

華麗な甲冑姿で戦地へ向かい先陣を率いる心映え、とでも言いましょうか、それが

ダンディ

の始まりです。

(ルイ=オーギュスト・シュウィッターの肖像 1826年 ドラクロワ作 ロンドン ナショナルギャラリー / 右上:1823年のダンディ 個人像)

" ダンディ " とは " 精神の貴族 " とも言われています。
 

忘れてはならないのはダンディの始祖、イギリス人の「 ボー・ブランメル 」、

本名はジョージ・ブライアン・ブランメル、 

ボー とはフランス語で「美男」のことで、

平民の出ながら時代に乗り、ジョージ4世王の学友であり、

白いリネンのシャツとネクタイ、黒のパンタロンを着け、それまでの長髪から短めの古代風の髪型で、

古代発掘品のコレクションを行い、社交界の寵児でした。


( リシャール=オーギュスト・ド・ラ・オーティエールの肖像 1828年 ドラクロワ作 パリ ドラクロワ美術館 )


ブランメルは1816年にフランスへ渡り、その趣味の良さが一斉を風靡、

フランスにイギリス趣味を広めました。

彼の有名な言葉に、こんな言葉があります。

もしも人が君をじろじろ見ている様な気がするなら、君はいい格好をしすぎているんだ。
堅苦しくて、凝りすぎということなのだよ



( ピエール=ナルシッス・ゲリン男爵の肖像 1801年 ルフェーブル作 フランス オルレアン絵画美術館 )

現代でも、フランスはもとよりモードの国イタリアでも、
イギリス趣味や英国製の生地といえば男性のモードの基本であり、

シルエットに違いはあれど、最も粋な好みとされていますね。

ブランメルは " 豪奢な地味 " を最高とし、冷静沈着なポーカーフェイスでも有名でした。

ブランメルの系図を引くフランスのダンディ達、

シャトーブリアン子爵、画家ドラクロワ、士官で作家のロティ、ドールヴィイ、モンテスキュー伯爵・・・
そして次世代にはコクトー、ダリへと続きます。


( 1837年のダンディ リヨン誌 )

作家ボードレールは、

「 ダンディとして、常に崇高でいなければいけない。鏡の前で生き、鏡の前で死ぬのである 」

という言葉を残しています。


" ダンディ " は単なるお洒落な男性を指すのではなく、

「 洗練された質素 」を基本としながらも、
実は大変手がかかっている点にも注目です。


シンプルな濃色の装いですが、上質の布地を使い、

古代趣味のインタリオの指輪や、

懐中時計にチェーン、

白絹やリネンのクラヴァットへ宝石のついたピン、

カフスボタン・・・とジュエリーへの凝りようは、豪奢な前世紀に引けを取っていません。


(アルフレッド・ブリュィアの肖像 1853年 ドラクロワ作 フランス ファブル美術館 )

あくまで控えめに、しかしよく見ると非常に凝った作りで、

古代遺跡から発掘された彫刻が飾られ、

精密で美しい懐中時計に、エマイユや宝石が飾られた指輪を、
さりげなく着けていました。


 19世紀後期の、 フランスのナポレオン3世と、イギリスのヴィクトリア女王の時代まで、


( 映画 ドリアン・グレイの肖像 オスカー・ワイルド原作 1890年 O・パーカー監督  * YouTube動画へ )


本家イギリスはしかり、

フランスでも英国流ダンディズムを基本に、

地味目な、しかし上質で凝ったジュエリーのお洒落を楽しんでいました。

そして、18世紀の雰囲気を残した19世紀から、よりモダンな20世紀のべル・エポック期へ、

男性像が進化していきます。
 

n.13 メンズ ジュエリー V 最終章へ続く

Texte par M.

目次               

ページの終端です。ページの先頭に戻る