ページの先頭です。本文を読み飛ばして、このサイトのメニューなどを読む

アルノダン フランスアンティークジュエリー&オブジェ ギャラリー

サイト内の現在位置です:

Home  > ジュエリー&モードの物語 n.1 ~ n.50  > n.16 子供のジュエリー

n.16 子供のジュエリー

 ヨーロッパでは、

小さな頃からジュエリーを身につける習慣があります。

今回は、そんな子供のジュエリーをご紹介します。


( 皇太子フィリペ・プロスベロ ベラスケス作 1659年 ウイーン美術史美術館)

アンティークのジュエリーやオブジェには、

大変小さなサイズのものが見られることがあります。

それらは、ほとんどが子供の為のジュエリーです。

エメラルドやルビーなど色の美しい石をセットした指輪や、

細い金のチェーンを連ねたブレスレットやネックレス、


( ベルリン美術館 )

中には、このレースに包まれた16世紀のオランダの子供のように、

ルビーのペンダントトップや

黄金のガラガラを持っている子供もいました。

王侯貴族の子供達は、

鈴やガラガラ、動物モチーフのオブジェなど、

いわゆる、子供の大好きな玩具の形をした金銀細工のトップを

チェーンと共に身につけることもありました。

なんとも豪奢な玩具ですね。

下のルーベンスの描いた天使のような子供をご覧下さい。

時代を問わず愛らしい姿に、

真珠と珊瑚を組み合わせたネックレスを着けています。

真珠と珊瑚


( 鳥とたわむれる子供 ルーベンス作 1616年 ベルリン美術館 )

特に珊瑚は、

宗教画の中で聖母マリアに抱かれた幼いキリストが、

赤い珊瑚の枝をペンダントとしてさげたり、手に持つ像がありますが、

これは古代ローマ時代や中世ヨーロッパの人々が、珊瑚には

魔除け

の力があると信じ、

病を癒したり、悪魔の目から視線をそらすとされていましたし、


( マルゲリータ王女 ベラスケス作 1654年 パリ・ルーブル美術館)

真珠は、古くからその美しさと貴重さゆえに装身具としてあった上、

神聖なものとしてキリストのシンボルに高められていましたので、

大切な子供へのジュエリーとして適したものでした。

他には、

悪魔払いの鈴や、病気から守るといわれた香草を入れるポマンダーなどもありました。

子供、特に女の子に贈られた真珠のネックレスは、

年が1つ大きくなる毎に、1粒から数粒の真珠を増やし、

成人する頃には、美しい連のネックレスや、その真珠を使ったジュエリーを作り上げ、

ウエディングドレスへ身につけたという歴史もあります。

ただ、古来は天然真珠のみでしたので、

粒揃いのネックレスを持てるのは、王侯貴族の中でもほんの僅かな子供達だけでした。


他には、常に身に付けるジュエリーとして、

十字架や、聖母マリア像のペンダントトップがあり、

これらのペンダントは、大人になっても他のジュエリーと組み合わせされ、大切にされてきました。



古い時代の子供のジュエリーには、

美しい細工や宝石を使ったものもあり、

小ささゆえの美しさが魅力です。

アンティークジュエリーやオブジェの世界では、
特別に小さいもの、大きなもの、は稀少なものとして好まれます。

美しい宝石の嵌った小さな指輪をペンダントトップに、

などというのも、素敵な身につけ方の一つです。
 

Texte par M.

目次               

ページの終端です。ページの先頭に戻る