ページの先頭です。本文を読み飛ばして、このサイトのメニューなどを読む

アルノダン フランスアンティークジュエリー&オブジェ ギャラリー

サイト内の現在位置です:

Home  > ジュエリー&モードの物語 n.1 ~ n.50  > n.19 香りのジュエリー I

n.19 香りのジュエリー I

香水 については、

古今東西、語り尽くせないくらいの物語があります。


( パヒューム・ランプ )

文学の中に、絵の中に、中世の吟遊詩人の歌の中に、

そして誰かの言葉の中に・・・

香りは古代から、嗅覚だけで感覚を刺激し人を虜にする

見えない芸術 」と言われています。



( 香水辞典 1865年 フランス パリ 個人蔵 )

香水と言えばすぐに思いつくのがフランスですが、

香りの歴史を紐解くと、アジアからインド、中東、そしてヨーロッパへと、長い時間をかけて伝わって来たことが書かれています。


香水とアンティークジュエリーの関係は? と言いますと、

双方とも人の身を飾ることに変わりなく、

時としてアイデンティティとなり、

フランスには「 その人が、なにを見せてなにを隠しているかを示す 」

という古い言葉が残っています。

香りは語る 」ということでしょうか。


さて、香水はいったいどのようにして生まれたのでしょう?

19世紀に書かれた本を片手に、その歴史を紐解いてみました。



今は香水大国のフランス、

しかし香水がフランスで使われ始めたのは、今から400年ほど前からで、

 香りの歴史からみますとわずかな期間です。


香りについて知られているうちの最も古い文献は、

紀元前3千年前の古代エジプト時代 、

古代エジプトでは、宗教的な儀式やミイラの保存をはじめ、香りを身につけることもしていました。


( パヒューム・ランプ 19世紀 クリスタルガラス彫刻 フランス )


クレオパトラがアントニウスに会う時には、

船からクローヴの香りを立たせ、身には様々な花の香りを、

部屋にはバラの花びらを敷きつめたと伝えられています。

当時はポマード状の 練香や香油 にして使っていました。

肌に塗ることで、香り付けとともに皮膚を保護する役目もありました。

今の香り付クリームのようなものだったのですね。

そして、香木をたきしめ体や衣服に匂いをつける「 薫香 」の方法があり、

現代のようにアルコールを使った香水は、まだありませんでした。




 香水瓶 フランス 19世紀中期 


香水はフランス語でパルファン、英語ではパヒューム、

今ではこの言葉は、アルコールを使った香水を指しますが、

語源となるラテン語の「 ペル・ヒュム 」は、

ペル  = 〜によって 、 ヒュム = 燻製、

つまり燻蒸という、煙と湿気による香りを指しました。

 香木や樹脂を燃すことで作る香り、

古代エジプトでは、殆どの香りがこの方法で作り出され、

古代中国やオリエントの国々、そして日本でも、

世界中で使われた、最も古い時代からある抽出方法です。


( 祭壇用香炉 )

古代エジプトから、そしてインドや中国などオリエントの国々から

古代ヨーロッパへ伝わった香りは、人々を魅了しました。

続いて 古代ギリシャからローマ へ、香りの旅をお楽しみ下さい。

Texte par M.

目次               
 

ページの終端です。ページの先頭に戻る