ページの先頭です。本文を読み飛ばして、このサイトのメニューなどを読む

アルノダン フランスアンティークジュエリー&オブジェ ギャラリー

サイト内の現在位置です:

Home  > ジュエリー&モードの物語 n.1 ~ n.50  > n.21 香りのジュエリー III

n.21 香りのジュエリー III

n.20 香りのジュエリー II ー 揺れる香水 ー より続く


いざエルサレムの地へ、

十字軍の騎士達は、その地で香りの快楽に出会いました。

時は11世紀

行きは黄金の十字架を手に、帰りは手織りのタピスリーや香料、

ダマスカスの織物にオー・ド・ローズ(薔薇水)を手に、ヨーロッパへ戻りました。


( 蒸留工房 )


オリエントの国々の香りは、古代ギリシャには既に知られたものでしたが、

まだヨーロッパまでは広まっていませんでした。

また、10世紀になって初めて、

イランのアヴィセンヌという医学者が「水蒸気蒸留技術」により

花から香りを抽出する方法を発見しました。

これにより、植物香料を含んだ液体を作る事ができるようになったのです。


( 香水瓶 ペルシャ 18世紀  )


しかし現在の香水のような「 アルコールの蒸留技術を使った香水 」については、もう200年待たなければなりません。

さて、十字軍が持ち帰った医学とヨーロッパ古来の伝統により、いわゆるハーブ療法が始まりました。

中世の薬局ではハーブティーやアロマオイル、香辛料が売られていました。


( 香料とアロマ店 15世紀 イゾーニュ城のフレスコ画 フランス )


ところで、中世は清潔な時代だったのをご存知でしょうか?

古代ローマ時代ほど贅沢ではありませんが、

風呂に入りいい香りで身綺麗にすることは当然のたしなみでした。

貴族だけでなく、一般向けの公衆浴場もあり、

香りの蒸し風呂や、薬草クリームで男女問わず手入れをしていました。

またフランスなど北国では、オリエントの国々からの輸入品は大変高価でしたので、

その土地で手に入る香りを用いました。

それは北国らしい、大変デリケートな香りで、

ラベンダーやミント、燈心草を部屋の床へ敷いたり、

月桂樹やタイムのブーケを衣装棚に入れ防虫と香りの役目を果たし、



( 16世紀の植物研究者 )

イリスの根を粉にしたパウダーを使い、夜会には香り高いハーブのブーケを飾り部屋をいい匂いで満たしました。

今でもその習慣は残っており、フランスにはハーブだけの薬局があります。

症状を伝えますと、薬剤師がさまざまなハーブをブレンドしたオイルやお茶を作りますので、

それを塗ったり、吸引したり、ハーブティーとして飲みます。

カモミールのお茶は胃腸に優しく、オレンジの花のローションはリラックス作用があり、寝る前にぐずる子供へ飲ませたり数滴を振りかけたりします。

また風邪にはヴェルヴェーヌ(檸檬バーベナ)、デトックスにはティヨル(菩提樹)のハーブティーなどがあります。


( ゴッゾーリ作 フレンツェ イタリア 15世紀 )


また、15世紀頃のヴェネツィアでは、

オリエント貿易による香料の取引が最も多く行われていました。

珍しい香料は、ヨーロッパ中の宮廷へ送られ、
香料は金のより価値ある高価なものとして取引されていました。

その中には「キプロスの小鳥」と言われたものがありました。

それは、小鳥の形をした香り付陶器で、

素焼き陶器に香料をふんだんにしみ込ませたもので、部屋を香りで満たすものでした。

今でも香り付陶器はイタリアやフランスの香水店で見られ、

長い歴史を持つ香りのオブジェです。


( 1400年代のフランスの細密画より )


貿易により、ヴェネチィアからヨーロッパへ、香りの文化がもたされました。

まずはイタリアへ

それからフランスへは、

16世紀に、イタリアからフランスのアンリ2世王と結婚した

カトリーヌ・ド・メディシスが持ち込みました。

続いて 香水大国フランスの始まり をご紹介してゆきます。
 

Texte par M.

目次               

ページの終端です。ページの先頭に戻る