ページの先頭です。本文を読み飛ばして、このサイトのメニューなどを読む

アルノダン フランスアンティークジュエリー&オブジェ ギャラリー

サイト内の現在位置です:

Home  > ジュエリー&モードの物語 n.1 ~ n.50  > n.26 ブローチの楽しみ

n.26 ブローチの楽しみ

前回は「ブローチの楽しみ 〜 春から夏へ 〜」をお届け致しましたが、

今回は「秋から冬へ」として

いにしえから現代のヨーロッパの女性達のブローチの着けこなしをご紹介致します。

ブローチ好きな方ならご存知の通り、

アンティークのブローチには凝った細工や素材、宝石やデザインなど

アンティークジュエリーならではの魅力が沢山詰まっています。
  

( アール・デコ時代のブローチを中央へ留めて )

大きさも形も様々で、

あらゆるデザインのブローチがありますし、

寒い季節は厚手の装いになり、

ますますブローチをつけることが楽しくなってきますね。

さりげなくシンプルな装いへ、

あるいは30年代の女性のように、冬ならではのファーや帽子に合わせて、

ブローチそのものを引き立たせる着け方も素敵ですし、

この華やかな女性のように、羽根の刺繍にとけ込ませるように、

まるでブラウスの飾りの一つのようにつけるのもアイデアです。


( 1930年代 パリ )

さて、ここで大変なブローチ好きであったオートクチュリエ(高級注文服のファッションデザイナー)をご紹介致します。

この女性は「エルザ・スキャパレリ

1890年ローマ生まれ、
母方はイタリア貴族で、子供の頃から芸術文化に囲まれて育ち、
1925年にブティックを開きます。

その才能は、当時の偉大なクチュリエであったポール・ポワレに見いだされました。

 装いだけでなく、芸術文化への興味が大きく、

さまざまな斬新なデザインで評判を呼び、

ウィンザー公爵夫人をはじめ、各界の貴婦人や女優に好かれました。

 エルザ自身もお洒落で、

当時の画像からもジュエリーを存分に楽しんでいる様子が伺えます。

特に好きだったのがブローチ、

クラシカルに中央へとめたり、

上の画像のようにクリップブローチを使い、襟元へ輝きをつけています。

あるいは、30~40年代ならではのボリュームのあるブレスレットに、

華奢な1900年初期、ベル・エポックのブローチを着けて、

エルザの作るドレスのように、遊び心がある着け方で楽しんでいたのが見てとれます。



さて、エルザの時代が終わった1960年代、

アメリカ大統領夫人のジャックリーヌ・ケネディもブローチ好きでした。

こちらは当時らしいトップに、襟元へブローチでポイントを着けた装いです。

今でも参考になる身につけ方ですね。

そして次には、現代のアンティークジュエリーコレクターの一人の、

ブローチの装いです。

イタリアの有名なデザイナーですが、

シンプルなワンピースの襟元へ、花の形でしょうか、金のブローチをとめ、

カーディガンをさらっと羽織った装いは、

日常にも素敵です。



お洒落に帽子やコートの襟元へ

留められる方もいらっしゃいますし、

スカーフをブローチへ通して使う方法もあります。

他には、宝石の色にあわせてコーディネイトしたり、

お客様の中には、動物のモティーフのブローチを、葉模様のワンピースに合わせ、

まるで動物が森の中にいるように、

アンティークジュエリーで物語を紡いでおられた様子は、大変素敵でした。

ブローチの数だけ装いはあり

千差万別の楽しみ方ができるのが、アンティークジュエリーの魅力一つでもあるのですね。
 

 Texte par M.

目次               

ページの終端です。ページの先頭に戻る