ページの先頭です。本文を読み飛ばして、このサイトのメニューなどを読む

アルノダン フランスアンティークジュエリー&オブジェ ギャラリー

サイト内の現在位置です:

Home  > ジュエリー&モードの物語 n.1 ~ n.50  > n.28 フランスの帽子

n.28 フランスの帽子

n.27 帽子とアンティークジュエリー から続いて、

フランスの帽子をご紹介致します。


下の画像は、19世紀末のロンシャン競馬場での社交界のパーティです。

貴婦人達の19世紀スタイルの大きな羽根飾りの帽子は、 

1900年頃になりますと、

ドレスがストレートなシルエットへ変わったことから、

小さくなっていきます。

もちろん小さくとも、刺繍やレース、ジュエリーでふんだんに飾られたものでした。



20世紀初めのフランスでは、「クロシェ」と呼ばれる帽子が流行しました。

「クロシェ」とはフランス語で「釣り鐘」のことで、

教会の塔の釣り鐘形と似ている事からそのように呼ばれています。

クロシェにはこのような斬新なデザインもありましたし、



専門の職人が、すべて手仕事で作り上げる帽子は、

刺繍やレースを使った様々なデザインで、

中には宝石を縫い込んだり、ジュエリーをセットできるよう、最初から考えて作られたものもありました。

下は1920年代のもので、

刺繍やモールリボンで飾った帽子です。

当時の紳士淑女達は、

かならず帽子をかぶっていますが、

帽子はお洒落であり、マナーの一つでもあったのです。

また、1910〜30年代は、現代に通じるファッションの基礎が出来上がった時代でした。

右下のシックなヒョウは、マダム・ランバン製

この頃のカルティエでは、豹をモティーフにジュエリーが発表されていますね。

そう、有名な「パンテール」のジュエリーです。

ジュエリーにも、モードにも「パンテール」が現れた時代です。

また、左上のオリエンタル調の絹のターバン風は、

構築的なアール・デコのジュエリーとコーディネイトされています。


下のようなシャネルやポール・ポワレか活躍した、

アール・デコ時代のモードには、

ツバの大きなキャプリーヌや、右下のようなバスクベレーを合わせています。

バスクベレー」とは、フランスとスペインの間のピレネー山脈の地「バスク」で、

羊飼い達が被った、普通よりたっぷりしたベレー帽のことです。
 

「ベレー」はもともとフランス語で、

「バスクベレー」の魅力は、

素朴で実用的な「羊飼いのベレー」をパリのクチュリエが取り入れ、

贅沢な素材で、クチュール仕立てにしたことにあります。

美しいコートに、素朴さを感じるバスクベレーを合わせ、印象に対比をつけることで、

ただ着飾っただけでない、シックな雰囲気を作り出したのです。

まさにフランス的なお洒落と言えるでしょう。


続いて左側は花飾りのクロシェ、

右側も花飾りのツバ広帽で、マダム・ランバン製です。



当時の造花は、絹やヴェルヴェットを手染めし、全てが職人の手仕事によって作られていました。

こちらは1950年代のクリスチャン・ディオール

小さな黒の変型ベレーで、

中央に下がる真珠のブローチを留め着けたデザインです。 

どこか中世を思い起こさせるような帽子ですね。


そしてこちらは、

クリスチャン・ディオールのオートクチュール展示会の様子、

左端は「ウィンザー公爵夫人」です。

カルティエ製と思われるハートのブローチを留めた姿はいつも通りにお洒落ですが、

黒の帽子に星のブローチをつけている右側の婦人も素敵です。

次はどのドレスにしようかしら?、とでも話しているのでしょうか。

このような帽子は室内でも、はずす必要はありませんし、

シンプルなスーツやツインセットのスタイルは、

現代のクラシックとも言える、永遠に素敵な装いですね。


さて、さまざまなフランスの帽子をご紹介して来ましたが、

今でもパリには沢山の素敵な帽子がありますし、

しばらく忘れられていた帽子のお洒落は、現代にリヴァイヴァルし、

歴史ある帽子店だけでなく、ファッションデザイナーもコレクションへ加えて始めています。

ブローチやハットピン、ピンブローチで飾ったり楽しめる帽子、

そんな帽子とジュエリーをコーディネイトも、お洒落の楽しみの一つに加えてみては如何でしょうか。

Texte par M.

目次               

ページの終端です。ページの先頭に戻る