ページの先頭です。本文を読み飛ばして、このサイトのメニューなどを読む

アルノダン フランスアンティークジュエリー&オブジェ ギャラリー

サイト内の現在位置です:

Home  > ジュエリー&モードの物語 n.1 ~ n.50  > n.33 ジャン・パトゥ

n.33 ジャン・パトゥ

フランスのクチュリエ、ジャン・パトゥをご紹介した前回のページから引き続き、

ジャン・パトゥのさまざまなクリエーションをご覧下さい。

社交界のドレスや、コルセットから解放され、

旅にスポーツにと活発になった女性のためのデザインです。
 
 ( 南フランスの社交地ドーヴィルので夜会 1933年 /  ジャン・パトゥ 1924年 ヨーロッパで最もエレガントな男性と言われた頃)

数ある中でも特にジャン・パトゥらしい

現代に通じる軽やかなエレガンスの

シンプルなシルエットでディティールに凝ったものをご紹介致します。


 ( 夏の夜会服 1922年 /  黄緑のベロアのボレロとシルクプリントの夜会服 1934年)

シンプルなドレスは、アール・デコ時代のジュエリーと似合います。

こちらはアール・デコ時代ならではの ” クリップブローチ "


 ( アフタヌーンドレスのレディ・アリントン 1934年 )

クリップブローチは留めやすく、

チェーンやコードでペンダントのように身につける事もできるジュエリーで、


( クリップブローチ ショーメ・フランス 1910~20年代 →詳細ページへ )

カルティエやブシュロン、ショーメ、ヴァンクリフ&アーペルといった

フランスのグランサンクの宝飾商も、様々なデザインを作っていました。


 ( コロンバという名のドレス 1923年 /  シノワズリー・ドレス1922年)

この時代のクリップブローチは殆どがダイヤモンドを主体にした

白い輝きのジュエリーで、モノトーンの服に映えるもの、


( クリップブローチ フランス 1910年代 →詳細ページへ )


カラーストーンでは、カルティエがトッティ・フルッティと言う名で、

ルビーやエメラルド、サファイアを果物や花のように見せた色石のシリーズを作り、

もちろんクリップブローチもありました。
 


 ( 真珠と銀刺繍ドレス 1926~27年  )

カットのきれいな服に、ジュエリーがより映え、

シンプルさが新鮮な魅力を醸し出すのですね。

そしてネックレスとブローチの重ね使いも、



服に邪魔されず、ジュエリーが際立っています。


( クリップブローチ ヴァンクリフ&アーペル 1910~20年代  詳細は お問い合わせ 下さい。 )


ジャン・パトゥは、

「 シルエットの若々しさは、女性を最も魅力的に見せる。」

と言っています。

綺麗なシルエットと、さりげなく凝ったディティールは、彼の得意としたデザインです。


 ( 夜会服 1932年 )

大振りのダイヤモンドのジュエリーが映える夜会服は、この時代ならですが、
 


( 白のカメリア付ドレス / クリップブローチ  フランス 1910~20年代 →詳細ページへ


ペンダントやイヤリングも、

ドレスの裾を短くしますと、このまま現代にも通じる感じです。


 ( マダム・ローロ着用のシルクベロアドレス 1934年 / プリンセスの為のベージュのビーズ刺繍ドレス 1922年 ) 

そしてジャン・パトゥならではのトロンプルイユ(だまし絵)風ドレスがこちら、

ウエストの辺り、一見フリルに見えますが、


( 薔薇色のビーズ刺繍夜会服 1932年 )

ビース刺繍の濃淡でフリル風に見せているわけです。


モノトーンが多いのも特徴で、

派手な色を使わずとも、細やかなディティールで華やかさは充分に、


 ( 黒のカットワークドレス 1938年 / 刺繍ドレス部分 1927年  )

服やジュエリー、家具やインテリアなどの装飾は、

それだけが独立してあるわけではなく、

時代性が、デザインや素材に現れています。


ジャン・パトゥは、フランスのアール・デコ時代のシンボルで、

良い素材で最も美しいライン、細かなディティールをデザインしています。


ものの美は古今東西通じるもの、

彼のメゾンがニューヨークでも成功したのもうなづけますね。

庭園、書物、絵画への彼の情熱は、ビアリッツの別荘に現れている

と1936年版でジャーナリストが彼について語っていますし、


( 銀糸織ドレス 1930年 )

彼自身が「スポーティなラインは最もシックである。」とも言っているように、

自然と文学を愛し、活動的な魅力をデザインへ映しました。

1920〜30年代のアール・デコ期は、

前世紀までの精緻な技術を昇華させ、永遠に素晴らしいと思える美を作り上げた時代でした。


ここでは、時代の寵児といえるジャン・パトゥのドレスを通して、

フランスのアール・デコをご紹介致しましたが、

他にも知られざるクチュリエや宝飾デザイナーがいます。

別の機会にご紹介をしていきますので、今後も楽しみにご覧下さい。

Texte par M.

目次               →
 

ページの終端です。ページの先頭に戻る