ページの先頭です。本文を読み飛ばして、このサイトのメニューなどを読む

アルノダン フランスアンティークジュエリー&オブジェ ギャラリー

サイト内の現在位置です:

Home  > ジュエリー&モードの物語 n.1 ~ n.50  > n.32 ジャン・パトゥ

n.32 ジャン・パトゥ

← 前のページから続いてジャン・パトゥのお話です。

ジャン・パトゥは、ヨーロッパだけではなく、アメリカでも好まれました。
 

彼が作るデザインは、最大限に女性の美しさを引き出し、

重いドレスを着ていた19世紀から比べ、大変活動的になった女性達のために、

よりシンプルで動きやすいものでした。


( アメリカでの発表会のためにマヌカンにショーの説明をするジャン・パトゥ )

彼のデザインはアメリカ社交界の婦人達はもとより、

お洒落で有名だった女優やダンサーにも好まれました。

( 女優のルイーズ・ブルックス アメリカ 1930年 )

また彼の大きな功績は、「 スポーツ 」をファッションに取り入れたことでした。

彼自身、スポーツカーを運転し、

テニスにスキーとスポーツマンでもありました。


( スポーツカーに乗るジャン・パトゥ )

20世紀はじめに、女性達が固いコルセットから解放され、

ジャージーやニットの服でテニス、ゴルフ、スキーに海水浴、

そして車の運転を楽しみ始めた時代でした。

そんな女性のニーズにあった服を作ったのです。

 

スポーティなセーターやカーディガンにズボンの乗馬服、

テニスウエアのプリーツスカートは彼のデザインですし、

綺麗な色や楽しいデザインといった女性らしいイメージは残しながら、

活発に動けるウエアをデザインしました。


( テニスウエアとセーター / 乗馬服の女性 1920年 )

また、化粧品や香水の開発も行います。

面白いアイデアでは、1921年に「ル・バー・ド・パルファム」(香水バー)を開いたことです。


クリスタルのシャンデリアに胡桃の木のカウンター、

と、ジャン・パトゥならではのフランスの豪奢な雰囲気を作り、

プライベート・バーで、親しい友人や顧客だけを招待し、

パトゥのドレスを着て、香水をつけ、シャンパーニュを楽しむ会を催したそうです。

今にあれば行ってみたい気がしますね。


( ル・バー・ド・パルファムにて 1925年 )

また化粧品も発売し、

アール・デコ様式のパッケージで大変人気になりました。

 
ニューヨーク5番街、730番地に「ジャン・パトゥ パヒュームリー」を開いたのもこの時代、1930年です。


ジャン・パトゥが好んだのは薔薇の香り、


1907年に、彼が香水師の仕事を依頼したヴィオレットという女性が、彼からの手紙への返事にこのように書いています。


「 貴方は私に、私が薔薇のようにその香りに包まれることを頼んできたけれど、

私は香水師としての器があるかかどうかは、わからないわ。」


さて、この女性から彼への返事には、二つの意味が含まれています。

一つは香水師の仕事の依頼に対して、私にできるかどうかわからない、という返事、

もう一つは、女性に対して「あなたは薔薇だ」と言うことは、愛の告白であり、

同時に薔薇のの香りで包むことは、人生を共にしませんか、と誘っているのです。


つまりジャン・パトゥは愛の告白をしている訳であり、

それへの返事が「香水師としての器があるかかどうかは、わからない」

つまり香水師=伴侶になれるかどうかはわからない、と答えた訳です。
( ペルシャブルーのカシミール文様ドレス 1926年 / 黒と白の刺繍ドレス 1927年 )


深い意味をこめた2重の言葉で綴られたこの手紙は、

それを書き理解する双方の人間の厚みとともに、言葉の美しさを秘めていますね。


これはジャン・パトゥ20歳の時、

当時恋人であったヴィオレット・シシュガルとのやりとりでした。
 

このヴィオレットとの恋から、

名香と歴史に残る薔薇とジャスミン「ジョイ」が1930年に生まれたのです。


では、次のページで彼のクリエーションとジュエリーコーディネイト をご覧いただきましょう。


Texte par M.

目次              

ページの終端です。ページの先頭に戻る