ページの先頭です。本文を読み飛ばして、このサイトのメニューなどを読む

アルノダン フランスアンティークジュエリー&オブジェ ギャラリー

サイト内の現在位置です:

Home  > ジュエリー&モードの物語 n.1 ~ n.50  > n.34 シネマ@アンティークジュエリー

n.34 シネマ@アンティークジュエリー

観るだけでいろんな世界へ連れて行ってくれる映画、

皆様はどんな映画がお好きでしょうか?

この シネマ@アンティークジュエリー のページでは、

映画の中のアンティークジュエリーをご覧になってみて下さい。

最近は、コンピュータグラフィックや特殊撮影を駆使し、
どんなことでも映像化してしまいますが、

ここではいにしえにフィルムで撮られた、俳優の息づかいの聞こえてくるような映画から、

魅力あるアンティークジュエリーや着けこなしをご紹介していきます。



さて、第1回目は「 暗殺の森 」から、



舞台は1930~40年代のパリ、

ベルナルド・ベルトルッチ監督のイタリア・フランス・ドイツ合作映画で、

フランスの俳優、ドミニク・サンダ(アンナ役)と

ジャン=ルイ・トランティニャン(マルチェロ役)が主役です。

愛と哀しみの物語ですが、フランスらしい映像美が魅力の映画です。

幼い頃の心の傷により、暗殺者となったマルチェロ(ジャン=ルイ・トランティニャン)は、

パリでアンナ( ドミニク・サンダ )に出会います。

バレエを教えるアンナ、

彼女の胸元にはてんとう虫のブローチがとめられていました。

フランスでは、てんとう虫が家にいると幸運が訪れると言われる、

吉祥のモティーフです。

これはおそらくカルティエの作品ですが、

映画では、このブローチが何度か出て来ます。

例えばサロンで、


こんな風にさりげなくスカーフの結び目へ留め付けています。


スポーティな装いに、エマイユやダイヤモンドを使った、

動物や虫、花などのモティーフのブローチをつけるのも素敵ですね。



こちらはこの映画の最も有名なシーン、

アンナとマルチェロの妻、ジュリア(ステファニア・サンドレッリ)のダンスシーンです。

30年後半から40年代らしい、フランスのレトロな雰囲気でいっぱいです。


アンナは揺れるエメラルドのピアスに、

ダイヤモンドのブローチ、

イタリアのブルジョワ階級のジュリアも、

1900年頃と見られるアンティークの真珠のソートワールや、

ダイヤモンドと真珠のイヤリングや指輪を、

黒と白のドレスに着けています。


ダンスのあとはシノワズリー趣味いっぱいの中華料理の夜餐、

ベトナムから広東まで、植民地があったフランスならでは、

30〜40年代にはまだ、コロニアル・スタイルが一種のシックとされ、

夜会の装いでお箸での食事というのが、エキゾチシズムでもありました。

左がマルチェロとジュリア、

右はアンナと夫のクアドリ教授、

アンナの装いには、ダイヤモンドの髪飾りも、

エメラルドや、

大きめのダイヤモンドのブローチが引き立っています。

色の宝石が入っても、全体をダイヤモンドで揃えますと、

すっきりと綺麗ですね。

こんな様式のジュエリーは、1900年〜30年代の、

パリのグランサンクと言われた宝飾商で見られます。


そしてこの映画では、アンティークジュエリーだけではなく、

ソワレから普段着まで、さまざまな装いを見る事ができるのも魅力です。

次のページでは、アンナを演じたドミニク・サンダの映画での装いをご紹介していきます。


Texte par M.

目次               
 
出典:暗殺の森 - ベルナルド・ベルト ルッチ脚本・監督 1970年
 

ページの終端です。ページの先頭に戻る