ページの先頭です。本文を読み飛ばして、このサイトのメニューなどを読む

アルノダン フランスアンティークジュエリー&オブジェ ギャラリー

サイト内の現在位置です:

Home  > ジュエリー&モードの物語 n.1 ~ n.50  > n.36 最新モードとアンティークジュエリー

n.36 最新モードとアンティークジュエリー

パリでは年に2回のファッションウィークがあり、

その時期には、季節を先取りしたショーや展示会が街中で行われ、

世界中から集まるデザイナーやモード関係者達が、パリを闊歩しています。



男女問わず、新しいモードを取り入れるのは、気持ちも浮き立つものですが、

新しさの中へ、アンティークジュエリーを身に着けますと、

雰囲気がこなれて見えて、シックな感じがします。

今回は、そんなスタイルを着こなす女性のお話です。
 

いつも世界最新モードを作ると評判のイタリアのデザイナーで、

アンティークジュエリーの有名なコレクター、

パリへも度々いらっしゃる素敵な方です。

モード誌に掲載された彼女の姿には、自分のデザインした服に合わせた、

アンティークのジュエリーや小物が伺えます。



ある時は、ベージュのシンプルなワンピースに、

19世紀のシトリンとゴールドのフィリグリーの

貴婦人がドレスに着けていたような、

大ぶりの首飾りとイヤリング、リングをパリュールをさりげなく、

手には1920年代の鼈甲やクロコダイルのバックでした。
 

そしてインタビューでは、



綺麗なカットの白いシャツと、黒地に凝った黒糸刺繍がなされたスカートの、

一見シンプルな秘書風スタイルに、

ポルトガル王室コレクションにあるような、17世紀の花と鳥を象ったペンダント、

 

そしてショーの最後に登場した時には、

黒いタートルネックのニットとタイトスカートに、

星を散りばめたような、

アール・デコのダイヤモンドのブローチとピアスでした。

このように、さまざまなスタイルを楽しむ彼女ですが、


常にかかさないのは大ぶりで装飾的なピアスで、

19世紀始めの長さ10cmはある、金の花模様で囲んだアメジスト、

ナポレオン3世帝政時代の大振りの花のエマイユ、

そしてアールデコの、揺れる真珠とダイヤモンドを着けていました。


また、彼女のデコルテは常に18世紀風に大きく開けたスタイルか、

ぴったりと首を包んだ服装で、両方にピアスに映えています。
 

これらは一例ですが、モード誌に掲載されている彼女のコーディネイトには、驚くような組み合わせもあり、

新しさと古さが混ざり合いながら、その人らしい素敵さを作っています。
 


ある日、雑誌のインタビューで、

「 古いジュエリーをあなたのコレクションに合わせているのがいつも印象的ですが・・・ 」

という問いかけに、こんな風に答えていました。

「 祖父の時代から続いたメゾンを、常に新しい感覚を入れながら、なおかつ続けていくのは並大抵の努力ではできません。

それにモード界は切磋琢磨で、時には心底疲れることもあります。

でも、アンティークジュエリーを身に着けていると心が静かになり、

常に私が私自身でいられるのです。


そして素晴らしくて気に入ったジュエリーは、

私の心へ語りかけ、エネルギーを与えてくれるから。」

モードの世界は一種特殊なところもあるようですが、

アンティークが好きな人なら、誰もがこんな風に感じた事があるのではないでしょうか。

彼女の言葉は、アンティークジュエリーの魅力の一つを語っているでしょうし、

自分の好みで楽しみながら、

精緻な作りや、時代性のあるデザイン、作られた国独自の美しさを愛でられるのが、

アンティークジュエリーの魅力だと思いませんか?
 

Texte par M.

目次     << 前のページへ   次のページへ >>

→ 続いては、ジュエリーは全てアンティークというイタリア女性をご紹介しています。

ページの終端です。ページの先頭に戻る