ページの先頭です。本文を読み飛ばして、このサイトのメニューなどを読む

アルノダン フランスアンティークジュエリー&オブジェ ギャラリー

サイト内の現在位置です:

Home  > ジュエリー&モードの物語 n.1 ~ n.50  > n.39 クリムトと・・・

n.39 クリムトと・・・

 画家「クリムト」の名を聞くと、

この絵を思いだされる方は多いのではないでしょうか。

タイトルは「接吻」、

(接吻 1907~1908年 ギャラリーべルヴェデーレ・オーストリア)

1862年にウィーン郊外で生まれた「クリムト」 は、19世紀末ウィーンの偉大な画家の一 人で、

細かい文様に金銀、

エジプト美術や日本の " 琳派 " から影響を受けた、豊かな装飾性で知られています。
 

(左:ベートーヴェン・フリーズ 第3場面ポエジーに慰めを見出す憧れ「詩」 〜部分 1902年 ウィーン分離派館
右:フリッツァ・リードラーの肖像 1906年 オーストリア美術館)


また、ウィーン芸術運動の中心グループで、1903年にヨセフ・ホフマンが設立した「ウィーン工房」の重役もつとめていました。

ウィーン工房は、絵画や彫刻だけでなく、

日常のインテリアやファッションまで、芸術家が作るという " 総合芸術 " の考え方を持ったグループでした。

(ウィーン工房メンバー 上段左から2人目がクリムト)

例えば、この黒い椅子とジュエリーはヨセフ・ホフマン、

右下の生地はマルタ・アルベール作です。

同じ時代の、イギリスのウィリアム・モリスの  "  アーツ&クラフツ " グループも同じ考え方でしたが、より有名かもしれません。

 クリムトの描く女性は、独特のファッションをしていますが、

実はほとんどがウィーン工房作の生地で、クリムトがデザインした服でした。

そして、一緒にデザインし、モデルもし販売したのが、

クリムトの隣に立つこの女性「エミーリエ・フレーゲ」でした。

エミーリエは1874年にウィーンで生まれ、

オートクチュール・サロンの経営者であり、クリムトの心の恋人でした。

例えば下の肖像画も、生地はウィーン工房のマルタ・アルベール作、

この生地の題名は「葉っぱたち」と言い、服はクリムトとエミーリエのデザインです。


(ヨハンナ・シュタゥデの肖像 1917~1918年 オーストリア・ギャラリー)

今でも着てみたいと思うような、色どりが素敵ですね。

そしてエミーリエ自身も、クリムトの青紫のドレスを着て描かれています。


(エミーリエ・フレーゲの肖像 1902年 ウィーン・ミュージアム所蔵)

エミーリエは、姉が画家のマックス・エルンストの妻でもあり、常に芸術家に囲まれた環境にいたそうです。

夏になると外出嫌いのクリムトを誘い

アッターゼー湖畔にある彼女の別荘で、家族ぐるみで過ごしていたそう、

(エミーリエのアッターゼー湖畔別荘)

クリムトは、湖畔の自然の美しさに感激し、沢山の風景画を描いています。

あまり知られていないクリムトの風景画ですが、きれいな色と愛らしい感じは、

官能的な女性の絵とは違う、クリムトの別の魅力が伝わって来ますね。



自然の美しいものを共に感じたエミーリエは、

彼のミューズ、つまり芸術家のインスピレーションのもとになる女神的な女性だったと伝えられています。


ウィーンで最も有名なオートクチュール・サロンの主人であったエミーリエは、最先端の芸術運動の中にいた女性でした。

斬新で新しいものを取り入れたエミーリエ、

続いては冒険心溢れる " エミーリエ のお洒落 " をご紹介していきます。

Texte par M.

目次     << 前のページへ   次のページへ >>
 

ページの終端です。ページの先頭に戻る