ページの先頭です。本文を読み飛ばして、このサイトのメニューなどを読む

アルノダン フランスアンティークジュエリー&オブジェ ギャラリー

サイト内の現在位置です:

Home  > ジュエリー&モードの物語 n.1 ~ n.50  > n.42 パリの1931年

n.42 パリの1931年

前回のヴォーグ・パリの1931年12月号より、

モードのページをご紹介してまいります。

12月はノエルの月、ノエルとはフランス語でクリスマスのことで、

パーティにプレゼントの月ですから、

ドレスなども沢山の掲載があります。

例えばいつもの香水の広告でも、豪華で冬らしい感じで、

黒の、ボリュームのあるドレスがエレガントですね。

他に日中の装いとして、

着易いジャージー・ワンピースや、シンプルなコートワンピースを紹介していますし、
 

車で遠出、

公園で待ち合わせ、

街で、

愛犬と散歩、
 

と、シチュエーション豊かに冬の流行を紹介しています。

コート特集もあり、

 愛犬と一緒にと・・・パリジェンヌの街歩き用から、

雪の日のコートまで紹介しています。

そして12月の大特集、今年のソワレのドレスのトップページでは?
 

控えめに揺れるドレスに、

首に添うネックレスを合わせるのが最先端、と紹介しています。

シンプルなドレスに華奢なダイヤモンドのネックレスと、

ボリュームのあるダイヤモンドのバングルに、ダイヤモンドの指輪の組み合わせは、

今の時代にも通用するエレガントさが魅力ですね。

下のお出かけ用コートスタイルでは、


ここでも、短めの首に添うネックレスを着けています。

小さめの真珠を2連に着けると若々しく、との説明で、



デコルテの綺麗な方なら、こんな着け方がお薦めですし、

このクラッチタイプのバッグは、今また流行っていますので驚きです。


そしてこちらは豪華なソワレのドレスです。

羽根のショールに輝くジュエリー、

ブローチを、バックルのように着けたり、

ダイヤモンドや色の宝石のブレスレットの2連重ねという贅沢な着け方も、



華やかな12月ならではですが、

あえて指輪とイヤリングは着けていないのが、

はずした感じの、フランスらしいシックな着け方です。

そして12月号に欠かせないのは、「ノエルのプレゼント」特集です。

クリスマスツリーと暖炉の写真からは、

 

 待ち遠しさが伝わって来ますね。

さて1931年のパリでは、どんなプレゼントが薦められていたのでしょう?

次のページでは「ノエルのプレゼント」をご紹介していきます。 
 

目次     << 前のページへ   次のページへ >>

ページの終端です。ページの先頭に戻る