ページの先頭です。本文を読み飛ばして、このサイトのメニューなどを読む

アルノダン フランスアンティークジュエリー&オブジェ ギャラリー

サイト内の現在位置です:

Home  > ジュエリー&モードの物語 n.1 ~ n.50  > n.43 パリの1931年

n.43 パリの1931年

前のページでご紹介した1931年12月のヴォーグ・パリ と、

モードのページ から続いて、

ノエルのプレゼント」特集ページをご紹介してまいります。

ここでは、

" 私達が、パリの素敵なメゾンからよりすぐりの新商品を紹介し、
あなたの難しいプレゼント選びを手助けします。"

と、当時のヴォーグスタッフのお薦めを掲載しています。


さて、スタッフのセレクトは?


まずはパリの小物メゾン「アレキサンドリン」から、

山羊革のロング手袋と、絹の薔薇のコサージュを、
 

手袋とバッグのお揃いもお薦めのようですね、

続いてクチュールメゾン 「ジャンヌ・ランバン」 からは、

バカラ特注の、クリスタルガラス製香水瓶に入ったパルファン「ジャンヌ・ランバン」を、
 

このボトルは、ジャンヌ・ランバン母娘をモデルにしたデザインで、

今でも名香といわれています。

そしてシガレットを嗜む女性のために、

マッピン&ウェッブよりエレガントな銀のシガレットケースとライターを、
 

また、インテリアに凝っている方にはセーブル焼や、

淑女に欠かせない手袋専門店もあり、

下の「クリティア」というメゾンからは新発売の香水を・・・

このメゾンは香水だけでなくクリームや口紅も作っており、

口紅は「ロイヤル・クリティア」という名で27フランででした。



クリティアはパリのヴァンドーム広場にあり、エステティックサロンも併設していたようです。

クリティアの1931年の新作はどんな香りがしたのでしょうか?



続いて、家族用にはカラフ&グラスセット、

気心知れた女友達へは、香水やバッグに手袋、

といくつあっても良い品をお互いに贈りあったりしましょう、と進めています。


その次は、女性が最も喜ぶ品、

つまり、プレゼントの代表としての、

ジュエリー特集です。

もちろん女性だけでなく男性にも、

指輪や時計にカフスボタン、シガレット用ライターを紹介していますし、

カルティエの広告では、

アール・デコらしい構築的なジュエリーも素敵にディスプレイしてあるのが目を惹きますね。

1931年へタイムトリップして、

ラ・ペ通り13番地のカルティエを訪れてみたいものです。



以上が1931年12月号での、ノエルのプレゼント特集でした。

ヴォーグ・フランスの言う通り、いつの時代もプレゼント選びは難しいもの、

でも自分のためになら迷いは少ないのではないでしょうか。

ノエルのプレゼントは、ただの贈り物ではなく、

1年無事に過ぎ、これから1年が良い年になるようにと、家族や友人、そして自分へと、心を込めて選ぶお品です。

皆様も素敵なノエルをお過ごしになられますように・・・

 

目次     << 前のページへ   次のページへ >>

 

ページの終端です。ページの先頭に戻る