ページの先頭です。本文を読み飛ばして、このサイトのメニューなどを読む

アルノダン フランスアンティークジュエリー&オブジェ ギャラリー

サイト内の現在位置です:

Home  > ジュエリー&モードの物語 n.1 ~ n.50  > n.44 バレンシアガとジュエリー I

n.44 バレンシアガとジュエリー I

フランス詩人のジャン・コクトーに

「 若くして既に成熟 」

といわしめた天才デザイナー  " バレンシアガ " をご紹介致します。

1895年スペインのバスク地方に生まれ、

1930年代に起きたスペイン内戦のため、パリへ逃れて来ました。



 

スペインで既にキャリアを始めていた彼は、パリの中心、ジョルジュ・サンク通りへブティックを開き、

構築的なデザインで「ファッション界の建築家

と呼ばれています。
 


スペイン人らしい情熱的な感覚と、芸術を服へ表した人で、

スペイン生まれの芸術家達の作品を、インスピレーションにしているものが印象的です。

例えば上の「ミロ」の絵や、ピカソやベラスケスなどを好み、
 

スペイン人という彼のアイデンティティで、

フランスとは違った新しい感覚の装いを提案し、

黒を中心にした重厚なファッションで、

パリの人々をとりこにしました。


そんなバレンシアガの有名なドレスがこちら、

バルーンのようなふんわりした黒のドレスです。
 


このドレスに着けているジュエリーは、

ダイヤモンドのイヤリングとブローチで、

丸い花のような、教会のステンドグラスの薔薇窓のような、

ブローチ
が黒のドレスに映えています。
 


黒は教会の色、

バレンシアガは  " 修道女の黒と白 "  や  " 司祭のマント " などにインスピレーションを得ていました。


上の黒とは逆の白では、この花嫁のドレスが知られています。
 



17世紀のスペインの画家   " ベラスケス " が描いた王女像から、ウエディングドレスが作られました。

花嫁は、細長いダイヤモンドのペンダントを着けています。

17世紀の重厚なバロック様式を感じさせる、荘厳な白のドレスに、

1900~20年代の大きめのモダンなペンダントを合わせ、

コントラストをつけた装いが魅力的です。


白と黒、簡単な様で難しい2つの色を、

バレンシアガ風に仕上げた逸品といえるコーディネーションですね。



さて、続いてバレンシアガのもう一つの代表作が下のドレスで、

これはかの有名な " ピカソ " の絵からイメージされています。

白と黒の幾何学的な感じで、

ジュエリーは、首に添ったボリュームのあるネックレスを一つだけ

シンプルに着けています。

これは夜会用のドレスですが、現代の装いにもこのアイデアを拝借できそうですね。





例えばすっきりとした黒のセーターやトップとスカートに、

首元だけに装飾的なネックレスを着ける、などです。


バレンシアガか活躍した1940年代から60年代は、社交界が華やかだった時代で、

このような夜会用ドレスが作られ、着る人も場所もありました。


現代とはまた違った世界でしたが、当時の素晴らしいクリエーションから、

今の装いをイメージするのも興味深いと思えます。


続いて次のページでもより詳しく、バレンシアガとジュエリーの関係をご紹介して参ります。

目次

<< 前のページへ   次のページへ >>

 

ページの終端です。ページの先頭に戻る