ページの先頭です。本文を読み飛ばして、このサイトのメニューなどを読む

アルノダン フランスアンティークジュエリー&オブジェ ギャラリー

サイト内の現在位置です:

Home  > ジュエリー&モードの物語 n.1 ~ n.50  > n.46 聖母マリアのジュエリー

n.46 聖母マリアのジュエリー

" 聖母マリア " は、いにしえから絵画や彫刻といった芸術作品の中で、よく見られるテーマですし、

特に西洋美術に興味のない方でも、どこかで見た事があるのではないでしょうか。 

基本的に、聖母マリアはキリストの母として信仰されていますが、

実は太古から世界中にあった大地の母、慈悲と創造の女神というイメージも重ねられていました。

だからこそ、宗教を離れ、人種を越えてなお、創造の源泉として、祈り愛される存在なのだと思えます。

たしかに、どの聖母も癒しと愛に満ちていて、
安らぎへ導いてくれるようですし、

ジュエリーにも古くから表されていますが、
マリア像のジュエリーを着けると守られているように感じます。


さて今回は、中世イタリアの絵画のなかで、

聖母マリアが身につけているジュエリーについてお話したいと思います。


時は13〜15世紀

当時の絵画は金彩をふんだんに使った板絵が主流で、ほとんどが宗教画で、

祭壇画として、礼拝堂や教会に置かれていました。

絵のテーマは「キリストを抱く聖母マリア」や「東方三博士の礼拝」、「受胎告知」などで、ほとんどの絵に聖母マリアがいます。

贅をつくした装飾で、中世のジュエリーも沢山描いてありますので、

当時の稀少な風俗を見ることができます。

絵の中の聖母マリアは、たいていは青か赤のケープをまとい、ブローチを留めていますから、

古い絵をご覧になるときは、ぜひ胸元にも注目してみてください。


例えばこんな風に、四角や丸い形のブローチを留めています。

これは金細工で、中央には宝石がありますね。


( 慈愛の聖母マリア 14世紀 アンサーノ僧作)

石は少し黒っぽく見えますが、おそらくサファイアでしょう、

サファイアやルビーといった宝石は、当時はオリエントの国から運ばれ、王国貴族だけが手にとったものでしたし、青は聖母の色ですので、

最も高貴な貴婦人といわれる聖母に捧げられた宝石として、描かれています。


また、他にはこんな丸いブローチがあります。

金糸刺繍をした白いケープの下へ、密やかに留めていますね。

この絵の珍しいのは、淡い薔薇色の装いのマリアです、

画家は、薔薇色で聖母の優雅さを強調したかったのでしょうか、
青や赤が多い聖母像ですが、このような色の違いも興味深いですね。

この丸い黄金のブローチには、彫金があり、真珠やルビー、サファイアで飾ってあります。
 

続いて、とても珍しい聖母マリアをご覧いただきましょう。

ブローチをつけている絵が多い中、この絵ではイヤリングを着けているのです。

絵のテーマは天使ガブリエルの「受胎告知」、

( 受胎告知 14世紀初期 ロレンゼッティ作)

マリアのお顔を大きくしてみますと・・・

なんとも美しいイヤリングですね、

教会の窓のような形に、金の雫が垂れています。

今までさまざまな聖母像を見て来ましたが、

イヤリングを着けているのは初めて見ました。
 



また、ケープに留めている星のブローチも素敵ですね。

ヨーロッパでは星にはさまざまな意味がありますが、

そのうちの1つは、聖母マリアのシンボルで、ラテン語で「ステラ・マリス」と言う星があります。

星もいろんなジュエリーに使われていますので、マリアと同じように、永遠のモティーフですね。


さて続いて、あと2つの絵をご紹介してみます。

いずれもブローチで、一つは聖母マリアのもの、

(聖パウロと祈りの聖母 15世紀 ピエトロ・ディ・ドメニコ作)

 四角い金のフレームの角には真珠がセットしてあります。

爪止めも大きく、中世時代らしいデザインです。

そして次のブローチは、教会のステンドグラスや透かし窓にあるような、開いた花の形です。

これはマリアではなく、同じ板絵に描いてある聖人の着けているもので、

( マドンナと幼子・聖人  14世紀 ブルガリーニ作 )

ひとつ上のマリアの四角いブローチを中央にして、
彫金のフレームで囲んだようなデザインです。

今回は、聖母マリアのジュエリーについてご紹介しましたが、

このような中世の絵では、全てが装飾的で、
オリエントの国との貿易でヨーロッパにもたらされた織物や金細工、風俗などが散りばめてあります。

中世の祭壇画は宗教画ばかりで、一見面白く無いと思われるかもしれません。

でも、これらの絵は当時の王国貴族達が、贅を傾けてまで画家に描かせたもので、

画家も工房の全力を尽くして仕上げたものばかりです。

そのため今ではもうわからない、当時ならではの風俗や装飾がふんだんに盛り込んであり、

細かく見て行きますと、どのモティーフにも意味がありますし、

感性で描いた絵よりも、ずっとシンボリックです。

画家たちは、まずは宗教上の定義を描かなければいけませんが、

その上注文主に応じて、当時の一番最新で、最も贅沢なものを沢山入れないといけないものですから、

いいかげんな空間は無いといって良い程、装飾で埋め尽くしてあります。

つまり、現実そのものを描いたのではなく、理想と希望、そして信仰を描いたと言えるでしょうし、

当時の画家の工房が一丸となって仕上げた絵ばかりなのです。

それゆえ500年以上を経た古い絵からも、当時の画家の心映えや、聖母マリアの慈しみが伝わってくるのだと思えます。

中世イタリアの絵を目にされるときがあれば、是非、細かいところまでご覧になって見てください。

いろいろな面白い発見があるかもしれません。

----・-----------------------------------------・-----

* 聖母マリアのジュエリー *

ヴェルノン作 マリア像のペンダント

ダセット作 プリカジュール・エマイユ マリア像ペンダント

ヴェルノン作 マリア像ペンダント

目次

<< 前のページへ   次のページへ >>

ページの終端です。ページの先頭に戻る