ページの先頭です。本文を読み飛ばして、このサイトのメニューなどを読む

アルノダン フランスアンティークジュエリー&オブジェ ギャラリー

サイト内の現在位置です:

Home  > ジュエリー&モードの物語 n.51 ~ 最新  > n.53 ブローチの世紀

n.53 ブローチの世紀

  n.53 ブローチの世紀  

ー パワージュエリーの訳は? ー
 

ブローチってどんな風に着けたらいいかしら?

ピンを挿すから着ける服や素材を選びますし、

でも、素晴らしいジュエリーにはブローチが多く、クラシックな感じもやはり魅力的・・・


と思っていらっしゃる方も多いのではないでしょうか。

そんなブローチの起源は、

古代ギリシャ、ローマ時代に遡ります。

( 古代のフィビュラ型ブローチ   詳細はここをクリック )


古代の衣服は下の画像のような、布を身体へ巻き付けるだけの “ トーガ “ と呼ぶものでした。
 

巻いただけでは落ちますから、留め付けに「フィブュラ」と言うピンを使いました。

上の画像をご覧下さい、これは19世紀に古代の形にインスピレーションを受けて作られた「フィビュラ」型ブローチです。

古代では、はじめはより実用品的でしたが、すぐに上の形のような凝った細工のものが作られました。

金細工や宝石、カメオやインタリオが飾ってあるものがあり、

装飾によって社会的な階級がわかりました。

そして、特に黄金や宝石のついた「フィビュラ」はだれでも着けたわけではなく、

特に知的階級で権力を持つ男性用として、皇帝や元老院の人々が身につけるものでした。
 


「フィビュラ」の後の過程には、

北ヨーロッパのケルト人の着けた下の画像のようなブローチがあります。

これはアイルランドのタラで発掘された8世紀頃の装飾品を、19世紀に復刻させたブローチです。

丸い部分は手の平ほどの大きさがあります。

地中海沿岸と違い、寒い国で衣服も厚手で皮革も身につけましたから、このような大きさに太いピンだったのですね。
 


1000年を過ぎる中世時代には、

宗教画の中の天使や聖母マリアが着けているような、

丸や四角、菱形などのブローチが登場します。

またこの頃には服の留め付けにはボタンが 登場し、

ブローチは、より装飾性の強いジュエリーとなっていきます。


( ブローチ シエナ美術館蔵 イタリア )

 上のブローチはイタリアの11世紀前半と考えられるジュエリーで、

金に細かな細工を施し、真珠と宝石にガラス珠で飾っています。

大きさは7cmほど、中世時代のジュエリーは後世に溶かされたものが多いため、このように現存しているのは大変稀少です。


さて、以上のような歴史を持つブローチは装飾として社会階級を示しただけでなく、

動物のような毛皮を持たない人間の身体を守る衣服を留める、

「要」であり「守護のシンボル」でもあったのです。
 

その上、人間ならではの、頭と手と感覚を使った見事な装飾を施すようになりました。


ところで、他のジュエリーとブローチの違いはなんでしょうか?
 


それは肌に直に身につけず、衣服の上から着けるジュエリーであることです。

上のような歴史から、ヨーロッパのジュエラー達は競って美しいブローチへ力を注いできました。


ヨーロッパでは服装の上でも、いにしえからの社会的なプロトコル(儀礼)が続いています。


そのためスーツやジャケット+ブローチの出番は多く、今でもその傾向は強く残っており、


有名なカルティエのウィンザー公爵夫人のための数々のブローチの名品が作られ、


王室の人々はブローチを愛用しているのです。


ブローチは少し厚手の衣服に合いますね。

ずいぶん前からカジュアル傾向のファッションが続いていますが、

ここ数年はワンピースが流行り、

新しいスタイルのスーツというと少し堅苦しいので、"  セットアップ  " と言いましょうか、

そんなスタイルが注目を浴びています。


体型をより素敵に見せたり、重ねた年齢を充実したものに見せるという、

服の本来の力を生かす方へ、じわじわと変わって来ているのはたしかです。

日本には " まず相手を想う " という文化がありますが、

ココ・シャネルの言った

「装いは自分の為だけでなく、相手と場を考えること、それは相手を尊重することでもある。」は、

あらためて見直したい日本人の感性と、響き合うように思えます。





さて、ブローチの着ける位置、それは

出来るだけ上に、

お顔の近くに、

が鉄則です。

大きいのも小さいのも、サイズは関係ありません。

時には下の方に着ける場合もありますが、それはかなりの上級者、

服のデザインとブローチがぴったりと合っていないとなかなか綺麗には見えません。

まずここでご紹介しているブローチの達人、

ウィンザー公爵夫人とエリザベス女王の画像を是非ご参考になさって下さい。
 

 
特にウィンザー公爵夫人はブローチ好きとして有名で、

沢山のブローチを持っていましたし、着け方も参考になりそうです。

ジュエラーが最も力を入れたジュエリー「ブローチ」、

今再び新しいスタイルのファッションとともに、その魅力を利用する時代が来ています。

そこで、次のジュエリー&モードの物語では夫人のブローチ・コーディネイトをご紹介していきます。
 

目次

 前のページへ       次のページへ 

ページの終端です。ページの先頭に戻る