ページの先頭です。本文を読み飛ばして、このサイトのメニューなどを読む

アルノダン フランスアンティークジュエリー&オブジェ ギャラリー
La Galerie Paris France:ギャラリーについて

サイト内の現在位置です:

Home  > La Galerie  > シンボルマークの物語

シンボルマークの物語

 【 シンボルマークの物語 】

ページ右上にある古代の馬車のマークは、当ギャラリーのシンボルとなっています。

では、これにはどんな意味があるのでしょうか?

実はこの古代の馬車は、とあるジュエリーからインスピレーションを受けてデザインされたものです。

そのジュエリーとは、

古代ローマ、ギリシャ時代のカメオとインタリオのコレクターであった家族から受け継いだ作品の一つであるインタリオの指輪です。

ヨーロッパでは、古来からさまざまなものを代々受け継ぐ習慣がありますが、

特に宝飾品は財産としてだけでなく、家族の歴史や心をつなぐものとして大切にされてきました。

指輪には、太陽神アポロンの引く「カロッス・ド・ローマ・アンティック」が陰刻された、

古代ローマ時代のインタリオがセッティングされています。



フランス語で「 アポロンと黄金の馬車 」を意味し、

指輪は18世紀ルイ15世王時代のもので、ベゼルの後面には太陽王の象徴である光文様の彫金がほどこされています。

アポロンは馬と黄金の馬車を操り、

天空に敷かれた黄道を翔け人間界へ光を与える太陽神であり、芸術の守護神。

そして別名「 真理の神 」として永遠の若さと力を持ち、人々に信託を与えると言われる神です。


インタリオはレッドジャスパーに彫刻されており、

古代から魔除けや旅の守護石として珍重されてきました。

石の意味に象徴されるように、代々受け継がれる指輪には子孫の守護への祈りも込められています。

時空を越え、古美術への情熱を表したジュエリーを当ギャラリーのシンボルとしています。

>> ギャラリーインフォメーションへ

ページの終端です。ページの先頭に戻る