ページの先頭です。本文を読み飛ばして、このサイトのメニューなどを読む

Les Bijoux Par Epoque

サイト内の現在位置です:

Home  > 商品データ  > 古代-中世-ビザンティン  > 古代のインタリオ アンピールネックレス
photos photosphotosphotosphotosphotosphotos

N°0708 古代のインタリオ アンピールネックレス

カメオ・インタリオ ネックレス・ペンダント・懐中時計
古代-中世-ビザンティン
価格はお問い合わせ下さい

ネックレス:フランス 19世紀初期
インタリオ:古代ローマ時代
素材:アゲート・ルビー・天然真珠・18金・銀
サイズ:L44.5cm x W2.5-1.5 cm 

フランス、1800年頃のネックレスをご紹介致します。
第一帝政時代(ナポレオン1世皇帝)のネックレスで、古代様式に作られています。
古代ローマ時代のインタリオを、金銀へルビーをセットしたフレームで取り巻いたものを、古代風の18金装飾へ真珠とルビーをセッティングしたモティーフでつないだジュエリーです。

遺跡から発掘された古代のインタリオは、ニコロアゲートという濃い色と白が幾層にもなった石へ陰刻されています。
モティーフは皇帝、若者の横顔、動物などさまざまです。
当時、ギリシャやローマの地で発掘されたインタリオやカメオは、王侯貴族へもたらされ、コレクションに加えられました。
時にはこのようなネックレスや指輪といったジュエリーへ作られています。

フランボワーズ色の美しいルビーに、白く艶やかな天然真珠が映え、
ニコロアゲートの白と良いバランスを作り上げています。

ナポレオン1世時代は古典様式が流行し、ジョゼフィーヌ皇妃は、このような古代ローマ風の白いドレスに、古代風の黄金のジュエリーやティアラにバングル、そして黄金のサンダルに、冬は、インドから運んだカシミールショールを身につけました。



ジョゼフィーヌ皇妃は大変趣味の良い女性で、古典様式をヨーロッパ宮廷へ流行させ皇妃が選んだものは宮廷の貴婦人達の最も欲しがったものでした。

古代のインタリオのもつ歴史的な印象と、古典様式のクラシックさから、知的な雰囲気を持つジュエリーと言えるでしょう。
 

ページの終端です。ページの先頭に戻る