ページの先頭です。本文を読み飛ばして、このサイトのメニューなどを読む

Les Bijoux Par Epoque

サイト内の現在位置です:

Home  > 商品データ  > 古代-中世-ビザンティン  > フィビュラ型ブローチ
photos photosphotosphotosphotosphotosphotos

N°1342 フィビュラ型ブローチ

ブローチ・ピン カメオ・インタリオ
古代-中世-ビザンティン
価格はお問い合わせ下さい

ブローチ:フランス 19世紀中期
インタリオ:エトルスク 紀元前2~3世紀
素材: クリソプレーズ・18金
サイズ:L1.4cm x W3.4cm

 珍しいブローチをご紹介致します。
これは「フィビュラ」と言う形の古代様式のブローチです。

(「フィビュラ」についてはこちらの ”n.53 ブローチの世紀 ”をご覧下さい。)

ブローチは19世紀中期のフランスの作品で、18金にスカラベを彫金したジュエリーです。
このブローチは、スカラベのフレーム部分は回転式になっており、インタリオ(陰刻)がセットしてあります。
18世紀から19世紀にかけて古代遺跡の発掘が盛んになり、ヨーロッパの王侯貴族は古代のインタリオやカメオのコレクションをすると同時に、古代遺跡の装飾品にインスピレーションを受けたジュエリーを、カステラーニやジュリアーノなどのジュエラー達が復刻しました。

インタリオは、古代遺跡から発掘された、紀元前2〜3世紀頃のエトルスクのものです。

エトルスクとは、紀元前8世紀〜1世紀に、イタリア半島中部(現在のトスカーナ地方、フィレンツェ〜ボローニャ、ペルージャ近辺)にあった古代文明の美術様式で、同時代のギリシャとはまた違った、自然と共生した美しい様式を持っていました。

インタリオの石はクリソプレーズと呼ぶ、緑色半透明の玉髄(カルセドニー)に彫ってあります。

モチーフは男性が山羊の乳を絞っている図像で、古代メソポタミアの時代から「強さと豊かさのシンボル」として知られ装飾になっています。(画像3)

スカラベ、インタリオのダブルフェイスに使えますので、2つの楽しみのあるジュエリーです。

ページの終端です。ページの先頭に戻る