ページの先頭です。本文を読み飛ばして、このサイトのメニューなどを読む

La Galerie des Bijoux:ジュエリーギャラリー

サイト内の現在位置です:

Home  > 商品データ  > 古代-中世-ビザンティン  > オゥリージュのカメオ
photos photosphotosphotosphotosphotosphotos

N°1284 オゥリージュのカメオ

リング カメオ・インタリオ
古代-中世-ビザンティン
価格はお問い合わせ下さい

カメオ:古代ギリシャ時代 紀元前1〜3世紀
指輪:フランス又はイタリア 1800年前後
素材: サルドニクス・ダイヤモンド・銀・金
サイズ:L1.6cm x W1.3cm (12)

古代のカメオの指輪をご紹介致します。



カメオは古代ギリシャ時代、紀元前1〜3世紀頃の作品で、
18世紀末〜19世紀初期のナポレオン1世皇帝時代にフランス、またはイタリアで指輪に作られました。

カメオはサルドニクスという石に「オゥリージュ」を彫っています。
「オゥリージュ」とはグレコ・ロマン時代の、神のメッセージを伝える2頭立て馬車に乗った馭者(ぎょしゃ)です。

「オゥリージュ」の図柄はルーブル美術館保存の紀元前の古代ギリシャの壺や、建築物の彫刻などに見られます。

フレームは銀製で、リング部分は金製です。
フレームにはダイヤモンドをセッティングしています。
サルドニクスのデリケートな色層を生かしたカメオで、

わずか幅13mmにもかかわらず、古代の息吹が聞こえてきそうな、躍動感あふれる彫刻作品です。



フレームの渋い銀やダイヤモンドの輝き、ダブルラインのリング部分などには、当時の古代への憧憬と趣味の良さが現れています。

男女問わずお着けになれる古代カメオの指輪です。 
サイズ直しは致せます。

 

ページの終端です。ページの先頭に戻る