ページの先頭です。本文を読み飛ばして、このサイトのメニューなどを読む

La Galerie des Bijoux:ジュエリーギャラリー

サイト内の現在位置です:

Home  > 商品データ  > ルネッサンス-ルイ14世  > 獅子のカメオ
photos photosphotosphotosphotosphotosphotos

N°1290 獅子のカメオ

カメオ・インタリオ ネックレス・ペンダント・懐中時計
ルネッサンス-ルイ14世
価格はお問い合わせ下さい

カメオ:16〜17世紀 フランス又はイタリア
ペンダント:19世紀中期 フランス
素材: アゲート・ダイヤモンド・天然真珠・18金
サイズ:L4.1cm x W3.6cm

 カメオのペンダントをご紹介致します。

カメオは16〜17世紀のルネサンス期のフランスまたはイタリアの作品で、
見事なグラデーションの色彩層のアゲートへ「獅子」を彫っています。



橙色のアゲートは一般にカーネリアン・アゲートと言われますが、

このようなアイヴォリーから橙色への濃淡がある石をカメオに仕上げているのは珍しく、ルネサンス時代の作品ならではです。

カメオは手の平に乗る小さなものでありながら、
石の色をうまく使い、今にも歩き出しそうな獅子の躍動感や立体感、表面のなめらかな仕上げ感、

拡大しても大変見応えのある彫刻作品として通用するものとして
彫り上げた彫刻家の見事な力量が伺えます。

ペンダントは19世紀中期のナポレオン3世皇帝時代の創作で、
フレームを粒よりの天然真珠とダイヤモンドで取り巻いた18金製です。

ヨーロッパでの獅子は、百獣の王として紋章や寓話や聖書に描かれている動物です。

身につける物にあっては、守護神、力と公正さを与えてくれるものとされています。



このペンダントは、フランスのパリ公爵のコレクションであったもので、1930~40年代に、公爵からこの持ち主に贈った際に、それを示す一文が裏側に彫金されました。

ルネサンス時代のカメオと言う稀少性に加え、天然真珠やダイヤモンドのジュエリーとして、そして色彩の美しさが魅力のペンダントです。

(画像のチェーンは参考品です。ご希望の方はチェーンはご紹介を致せます。)

ページの終端です。ページの先頭に戻る