ページの先頭です。本文を読み飛ばして、このサイトのメニューなどを読む

Les Bijoux Par Epoque

サイト内の現在位置です:

Home  > 商品データ  > アールヌーヴォー・アールデコ  > ダイヤモンド ピアス
photos photosphotosphotosphotosphotosphotos

N°1680 ダイヤモンド ピアス

ブレスレット・イヤリング・腕時計
アールヌーヴォー・アールデコ
価格はお問い合わせ下さい

フランス 1900~1910年代
素材: ダイヤモンド・プラチナ・18金
サイズ:L3.2cm W1.35cm

 フランスの1900~1910年代のピアスをご紹介致します。



プラチナ製で全体にダイヤモンドセッティングのジュエリーです。

上にはリボン型で、

リボンの下に1石のダイヤモンド、そこから下へ揺れるように3石のダイヤモンドとバーを交互にセットし、下にはより大粒のダイヤモンドです。

揺れる部分の3石のフレームにはミルグレーン(粒状彫金)が施してあり、

画像6をご覧になると、バーと3石のフレームはパーツを別々に作りビス留めで留めつけていることがわかります。

これはバーと3フレームを1つの型押しでまとめて作っているのではなく、一つ一つのパーツを宝飾師が作りセッティングをしている質の高い作りである証でもあります。

またこの作りのおかげで、サキュラーシステムが働いて、綺麗に揺れるのです。

リボンは幅が13.5mmで、

絹リボンをふわりと結んだ自然な形で、中央の結び目もダイヤモンドです。

長さ32mmのサイズで、耳たぶにリボンが添い、

細身のバーでつないだ3石のダイヤモンドは繊細な印象で、トップに大粒のダイヤモンドが揺れています。

ダイヤモンドは全てオールドカットで、透明度の高い石を使ってあり、綺麗に輝きます。

リボン部分とトップの大粒のダイヤモンドは爪留めセッティングです。

ピアスキャッチは円盤型で、左右にある突起を押しますと中央の穴部分がバーが入るサイズまで開き、突起を閉じてお好きな位置で留める仕組みです。
耳たぶの薄めの方は、バーを貫通させ留めることができます。




ヨーロッパでは、リボン=結びは幸せを結ぶシンボルになっています。

白い輝きのジュエリーで質の良い作りから、大人の女性の可憐さとシックな印象を受けるジュエリーです。

ページの終端です。ページの先頭に戻る